お薬手帳
 お薬手帳とは、処方された薬品名や服用回数などの記録を残すための手帳です。

 この記録がありますと、医師・歯科医師や薬剤師がどのようなお薬をどのくらいの期間使っているのかが判断できます。

 また、他の病院や医院などでお薬をもらう時にも、医師・歯科医師や薬剤師にお薬手帳を見せることで、同じお薬が重なっていないか、また飲み合わせなどについての確認も行ってもらえます。
〜〜〜 お薬手帳の利用方法 〜〜〜
  1. 病院や医院、歯科医院、薬局に行ったときには、毎回、必ず医師・歯科医師や薬剤師に提出してください。
  2. 薬局で市販のお薬を買った場合にも、記録してください。
  3. お薬について、わからない事、困った事などがあるときには、右下の空欄に記録しておきましょう。
  4. あなたがもらったお薬の記録(薬歴)になりますので、大切に保管してください。

※但し、記録する際に費用がかかる場合がございます。